疾病の早期発見や治療方針を左右する重要な検査を行う臨床検査技師。
学部教育での一貫した学びは東海地方初となる生殖補助医療をはじめ、専門性の高いカリキュラムで将来の可能性、活躍の場がぐんと広がります。

幅広いフィールドで活躍できる
臨床検査技師

医療現場だけでなく、一般企業など新たなフィールドで活躍することができる専門資格です。新カリキュラムでは、将来、下記の現場で活躍できるプログラムを用意しています。

  • 総合病院
  • 不妊治療クリニック
  • 検査センター
  • 保健所
  • 検疫所
  • 健診センター
  • バイオ関連企業
  • 食品関連企業

4分野を深く学べる
新カリキュラムで
将来の選択肢が広がります

臨床検査学の専門分野を学び、さらに専門性の高い資格を取得することで、多様な働き方が可能です。

生殖補助医療

学部教育で一貫した学びは東海地方初

大学卒業後、働きながら胚培養士を目指すことができます

超音波検査 大学卒業後、働きながら超音波検査士を目指すことができます
食品科学 食品衛生管理者、食品衛生監視員、食生活アドバイザー®、健康食品管理士の取得が可能
バイオ技術 上級バイオ技術者、中級バイオ技術者の取得が可能

“多様性ある”臨床検査技師の
学びに対応

生殖補助医療の分野で不妊治療に貢献できる胚培養士について学部で一貫して学べるのは、東海エリアでは本学のみ。このほかにも、従来の心臓や肝臓などの腹部臓器だけでなく、スポーツ傷害や運動器疾患などに対応する超音波検査士や、食品衛生管理者、食品衛生監視員をはじめ、バイオ技術者を目指すためのカリキュラムの導入によって、医療の現場はもちろん、食品関連企業や製薬企業、公務員といった幅広いフィールドで活躍できる一歩進んだスキルが身に付きます。将来どのような選択肢があるのか、多様性ある臨床検査技師の仕事についてご紹介します。

多様性1

胚培養士
 

多様性2

超音波検査士
 

多様性3

食品衛生管理者
 

多様性4

食品衛生監視員
 

多様性5

バイオ技術者
 
Coming Soon
現在制作中のため、もうしばらくお待ちください。